痛くない静脈内鎮静法!

  • 院長・スタッフ紹介
  • 最新設備の充実した院内
  • アクセス
  • トップページ
  • 一般歯科について
  • インプラント治療について
  • 矯正治療について
  • 審美歯科について
  • セレックについて
  • 費用について
  • お悩みQ&A
  • 無料メール相談

インプラント治療について

インプラント治療とは?

治療期間について

治療症例

メリット・デメリット

痛くない静脈内鎮静法

治療費用


インプラント治療の流れ

総入れ歯でお悩みの方へ


静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、不安や記憶がない(眠った)ような状態にコントロールする治療方法です。
全身麻酔とは違い、意識の戻りが早くなるなど様々なメリットがあります。

実際薬を投与すると、1分から3分ほどで眠くなり、寝ているような状態になります。
ですが、こちらから問いかけると意識があるので、反応できるような状態です。
それでいて術中の事は覚えていない状態になり、安心して施術を受けることができます。

静脈内鎮静法を用いることで、以下のメリットがあります。

  • 全身麻酔とは違いますので、すぐ元の状態へ戻る事ができます。
  • 術中不安もなく、落ち着いた状態で治療を受けることができます。
  • 治療中の痛みや記憶がありません。
  • 血圧、心拍数が安定します。

大津インプラントセンター

電話予約・ご相談は077-526-8666 メールでのお問合せはこちらをクリック

このページの先頭へ