治療症例

  • 院長・スタッフ紹介
  • 最新設備の充実した院内
  • アクセス
  • トップページ
  • 一般歯科について
  • インプラント治療について
  • 矯正治療について
  • 審美歯科について
  • セレックについて
  • 費用について
  • お悩みQ&A
  • 無料メール相談

インプラント治療について

インプラント治療とは?

治療期間について

治療症例

メリット・デメリット

痛くない静脈内鎮静法

治療費用


インプラント治療の流れ

総入れ歯でお悩みの方へ


抜歯即時毎埋入インプラント

最近のインプラントの8割以上は、抜歯と同時にインプラントを埋入し、治療期間の短縮を図っています。
外科処置の回数が1回ですむことが多いのが特徴です。

抜歯即時毎入インプラント症例

高性能マグネット義歯

高性能のマグネットを使用し義歯の安定をさせるものです。
傷口は、ご覧の通り非常に外科的侵襲が少ないのも特徴です。

高性能マグネット義歯

ドルダーバーシステム

口腔内に4本のインプラントを挿入しバーでつなげておき、クリップ義歯を固定します。
義歯は、自分で取ろうとしない限りは外れず安定した義歯となります。

ドルダーバーシステム

先天性欠損の修復

先天性に犬歯が欠損していた患者さんにインプラントを応用した一症例です。
ジルコニアというホワイトメタルとも言われる硬くて丈夫なセラミックをインプラントの土台に使用しているため、自然観が非常に際立ちます

先天性欠損の修復

歯周病患者さんに矯正とインプラントを応用した症例

歯周病にたいする処置を施した後、見えない矯正(クリアアライナー)を使用した後、インプラントを用いてオールセラミックにて修復した症例です。治療後は長持ちするようにメインテナンスすることが大切です。

正面症例

上面症例

下面症例

症例

症例

抜歯したその日にインプラントを埋入してその上に作った仮歯を入れて、帰宅してもらいます。
暫くは、何をする必要はありません。治療回数は非常に短く喜ばれます。

臼歯の症例

奥歯においてしっかりと噛むことが出来るのはやはりインプラントしかないでしょう。ブリッジの場合はそれを支える歯の寿命も短くなりますし、
義歯(入れ歯)はないよりはあった方が良いと思いますが異物感が大きいと考えてください。

臼歯の症例

残すことができない崩壊した歯牙を抜歯してインプラントを埋入した後、前歯を矯正で動かして治療を仕上げました。
先天性に糸きり歯(犬歯)が欠損していたということをインプラントにて修復したものです。

糸切り歯の症例

こういうケースがインプラントが最適と思われます。前後の問題ない点を削る必要もなく、歯が入るのですから。

糸きり歯の症例

先天性に糸きり歯(犬歯)が欠損していたということをインプラントにて修復したものです。

all-on-4の症例

インプラントを入れてすぐその日に噛める喜び、これは画期的なことです。
“抜いてすぐ”、“総入れ歯”も固定式の歯に。
人、期間と回数が少ないことも患者さんにはメリットでしょう。

all-on-4の症例

all-on-4の症例

all-on-4の症例

all-on-4の症例

保存不可能な歯を抜いてしまったら歯がない期間があるのでは?と悩む方が多数いらっしゃいます。
そんな方に朗報です。抜いたその日にしっかり噛める歯が入ります。
又、総義歯をしっかりと固定したい!そんな方にも向いてます。

価格について気になる方はこちら

アクセス方法はこちら

大津インプラントセンター

電話予約・ご相談は077-526-8666 メールでのお問合せはこちらをクリック

このページの先頭へ