インプラント治療とは?

  • 院長・スタッフ紹介
  • 最新設備の充実した院内
  • アクセス
  • トップページ
  • 一般歯科について
  • インプラント治療について
  • 矯正治療について
  • 審美歯科について
  • セレックについて
  • 費用について
  • お悩みQ&A
  • 無料メール相談

インプラント治療について

インプラント治療とは?

治療期間について

治療症例

メリット・デメリット

痛くない静脈内鎮静法

治療費用


インプラント治療の流れ

総入れ歯でお悩みの方へ


見た目も機能も優れた治療法 インプラント

インプラント治療とは、「虫歯」「歯周病」「外傷」で歯の失われた場所へ、人工の歯根(チタン製)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法のことをいいます。
従来は歯を失った場合にはブリッジという、失った歯の両隣の歯を削り、その箇所を補う歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。 ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったり、 取り外しの義歯(入れ歯)はぐらぐらしたり、痛みがあったり、また硬いものが食べにくい等といった負担があったりと、患者様を悩まさせてきました。
インプラントはそのような患者様にとっては問題解決の最適な治療法であるといえます。


また、インプラントは「第3の永久歯」といわれるほど、機能的にも優れており、見た目も天然の歯に近く、治療したことも分かりにくくなります。
西大津歯科医院では、数多くのインプラント治療の実績と最新の設備を整え、患者様に負担なく、安心して治療に臨んで頂ける環境をご用意しております。

インプラントの発達

インプラントの歴史は約40年になりますが、その研究および進化はここ10年位において目覚しいものがあります。 その10年程前まではインプラントを骨にいれ下顎3ヶ月、上顎6ヶ月くらいを目安とし治癒期間をおいた後やっと使えるという状況にありました。
それが、今ではケースにもよりますが、入れたその日のうちにかぶせ物まですることが可能なものもあります。 ただ、早さだけを求め過ぎて、骨とインプラントの結合状態が十分でないのに使ってしまいうまく付かず“やり直しをよぎなくされる”これは避けたいものです。

ですから、インプラントと骨との結合状態が客観的に数値化され評価できれば、早期にかつ確実にインプラントにかぶせ物をすることが可能となります。


その結合状態の評価をする器械は、“オステル”といいます。当院ではこれを用いて経験的な勘だけではなく科学的な客観性をもって使えるタイミングを早期化させております。

大津インプラントセンター

電話予約・ご相談は077-526-8666 メールでのお問合せはこちらをクリック

このページの先頭へ