費用について

  • 院長・スタッフ紹介
  • 最新設備の充実した院内
  • アクセス
  • トップページ
  • 一般歯科について
  • インプラント治療について
  • 矯正治療について
  • 審美歯科について
  • セレックについて
  • 費用について
  • お悩みQ&A
  • 無料メール相談

矯正治療について

矯正治療をお考えの方へ

治療症例

矯正治療の種類

治療費用


矯正治療の流れ


矯正歯科の料金表

治療内容 費用 (税別)
表側矯正 (表面に白い陶材ブラケット使用) 全顎 60万円 +管理費
片顎 30万円 +管理費
裏側矯正(裏面に金属のブラケット使用) 全顎 95万円+管理費
片顎 47.5万円+管理費
部分矯正(一部分だけを動かす場合) 部分 2万円~+管理費
全顎 20万円
片顎 10万円
フェイシャルマスク(中顔面(上顎)の発達が不十分な症例に発達を促すための装置) 40万円 +管理費
クリアアライナー 片顎 30万円+10,000円×作成回数+管理費
拡大床矯正 上下 7万円+管理費
FKO、ムーアプライアンス、LA 20万円 +管理費
ムーシールド 2.5万円+管理費
※コルチコトミー(部分的に骨に切れ目を入れ、歯を動きやすくする方法) 20万円
矯正管理費 裏側矯正 8,000円
表側矯正・クリアアライナー・フェイシャルマスク 5,000円
部分矯正・リテーナー 3,000円
拡大床・FKO・ムーアプライアンス
LA・ムーシールド

医療費控除が適用できます

医療費控除とは・・・本人または本人と生計を共にする配偶者やその他家族・親族が一定額を超えた医療費を支払った場合に、確定申告をすると税法上税金が還付(軽減)される制度です。

医療費控除の対象となる医療費とは

  • 病院で支払った診療費(診療費、治療費、出産費、不妊症の治療費、入院中の食事代)
  • 治療の為の薬代(一般の薬局で購入したものも可)
  • 治療のために必要な医療器具購入費
  • 通常必要な通院のための交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為の、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受ける為の施術費

医療費控除対象金額とは

1年間に支払った医療費の総額  - 10万円  =  医療費控除額
(保険金等での補填額は除外) (最高200万円)

国税(所得税)からの控除額

医療費控除の対象  ×  ※あなたの税率  = 減税金額

課税対象となる所得
330万円未満 10%
330万円以上、900万円未満 20% 20%
330万円以上、900万円未満 20% 30%
1,800万円以上 37% 37%

医療費控除の還付金例

医療費控除の還付金例

医療費が100万円の場合(単位:円)

医療費 課税所得 税金(所得税+住民税) 還付金額 実質医療費  
通常 控除後
1,000,000 6,000,000 1,370,000 1,070,000 300,000 700,000 70%
  8,000,000 2,000,000 1,670,000 330,000 670,000 67%
  10,000,000 2,760,000 2,330,000 430,000 570,000 57%
  20,000,000 7,200,000 6,700,000 500,000 500,000 50%

医療費が200万円の場合(単位:円)

医療費 課税所得 税金(所得税+住民税) 還付金額 実質医療費  
通常 控除後
2,000,000 6,000,000 1,370,000 770,000 600,000 1,400,000 70%
  8,000,000 2,000,000 1,370,000 630,000 1,370,000 69%
  10,000,000 2,760,000 2,000,000 760,000 1,240,000 62%
  20,000,000 7,200,000 6,200,000 1,000,000 1,000,000 50%

詳しくは国税庁のホームページを参照して下さい。

電話予約・ご相談はこちら 077-526-8666 (メールでの問い合わせはこちらをクリック)

このページの先頭へ