治療症例

  • 院長・スタッフ紹介
  • 最新設備の充実した院内
  • アクセス
  • トップページ
  • 一般歯科について
  • インプラント治療について
  • 矯正治療について
  • 審美歯科について
  • セレックについて
  • 費用について
  • お悩みQ&A
  • 無料メール相談

矯正治療について

矯正治療をお考えの方へ

治療症例

矯正治療の種類

治療費用


矯正治療の流れ


乱抗歯 非抜歯 成長期の症例

乱杭歯 日抜歯 成長期の症例

本症例は、乳歯、永久歯との混合歯列からのスタートでしたので、歯の数を減らさずに歯列矯正することが可能でした。

乱抗歯 抜歯の症例

歯ブラシをしづらいことが多いかと思います。ただ、それ以上に八重歯は日本ではかわいらしさにつながりますが、欧米では嫌われることが多いのでグローバル社会の出るのであれば治した方がよろしいでしょう。

乱杭歯 抜歯の症例

上下いずれの症例も永久歯が全て生えそろってからの治療でしたので顎の大きさに合わせるために歯の数を減らして(抜歯して)歯列を整えました。

出っぱの症例

上顎が下顎よりも顕著に出ている状態です。閉じづらく、口腔乾燥を起こしやすい場合が多いと思われます。
口腔が乾燥すると、体内の細菌が増えることになりますのでこれが要注意な点です。

出っぱの症例

出っぱの症例

顕著な出歯でしたが2年の治療期間にて治療期間にて治療を終えることができました。
治療後、かなり顔ぼうが変化したのは言うまでもありません。

受け口の症例

下顎が上顎よりも出ている場合には見た目にも不自然で、左右にも顎がずれてしまう場合がありますので
早目の時期に矯正医に相談された方がよろしいでしょう。

受け口の症例

受け口のための萌出できていない、永久歯がありましたが、これも萌出させることができ、
1年弱という短期間で治療を終えることができました。

価格について気になる方はこちら

アクセス方法はこちら

電話予約・ご相談は077-526-8666 メールでのお問合せはこちらをクリック

このページの先頭へ